労働保険事務組合 千葉SR経営労務センター

043-224-3779  9:00~17:00(土・日・祝日は除く)

Q.なぜ、一人親方は特別加入しなければならないのですか?

会社は、工場現場ごとに労災保険をかけていますが、補償を受けられるのは「会社から給料をもらっている人」つまり労働者です。出社・退社の時間が自由で、自分で仕事の量を決めることができ、大工道具や材料は自分持ちという人は自分で特別に労災加入しなければなりません。

年間を通じて、100日以上の補助者(労働者)を使用する人は一人親方ではなく中小事業主となります。

Q.加入するとどんな給付がありますか?

◆仕事中または通勤途中にケガをした場合、治癒するまで自己負担なく治療が受けられます。

◆休業4日目から休業1日につき給付基礎日額の60%相当額が支給されます(また、業特別支給金と

 して20%相当額が支給されます)。

◆ケガが治った時、障害が残れば1級は給付基礎日額の313日、2級は277日、7級は131日分の年金が

 支給されます。もっと軽い障害なら8級は503日分、14級は56日分の一時金が給付されます(また、

 障害特別支給金が一時金として支給されす)。

◆不幸にして亡くなった時は、遺族の数に応じて1人なら、給付基礎日額の153日分、4人以上は245日

 分の遺族年金が給付されます(また、遺族特別支給金が一時金として支給されます)。

   ⇒遺族とは…

     生計を維持されていた妻・子・父母等で、妻以外は18歳に達する日以後の最初の3月31日ま

     での間にあることまたは55歳以上の人です。

下記に掲げる業務に従事している場合は、特別加入時に健康診断対象となります。

特別加入の際、「特別加入時健康診断申出書」の提出が必要となります。

 

 (イ) じん肺法第2条第1項第3号の粉じん作業を行う業務

     特別加入前に3年業務に従事した期間がある場合 

 

 (ロ) 労働基準法施行規則別表第1の2第3号の3の身体に振動を与える業務

     ⇒ 特別加入前に1年業務に従事した期間がある場合

 

 (ハ) 労働安全衛生法施行令別表第4の鉛業務

     ⇒ 特別加入前に6ヶ月業務に従事した期間がある場合

 

 (ニ) 有機溶剤中毒予防規則第1条第1項6号の有機溶剤業務

     ⇒ 特別加入前6ヶ月業務に従事した期間がある場合

Q.費用はどのくらいですか?

労働保険事務組合「千葉SR建設親方の会」へご入会していただきます。

入会にあたり必要書類の提出等、加入手続きはすべて社会保険労務士が行います。

 

 入会金 10,000円

 会 費   1,000円(1か月)

 ※会費は入会の月割計算(入会月からその年の年度末までの月数)となります。

 

保険料

 給付基礎日額(1日あたり受けられる補償額)について、法定の特別加入保険料算定基礎額表にある

 最低3,500円~最高25,000円までの範囲から実態にあった額を自分で選べます。

 選択するにあたり給付基礎日額が低すぎないように決定する必要があります(給付を受ける際に補償

 が低くなります)。

 *給付基礎日額10,000円を選んだ場合の計算例*

 

< 保険料の計算 >

                  3,650,000 × 0.019(19/1000)=69,350円

 

< 合計金額の計算 > 

                    69,350円 + 10,000円 +  12,000円   = 91,350円

                   (保険料) (入会金)  (会費12か月)  (合計費用)

 

 ※ なお、費用の支払いは、一括納付のみとなります。

給付基礎日額 保険料算定基礎額 給付基礎日額 保険料算定基礎額 
 25,000円   9,125,000円 10,000円 3,650,000円
24,000円 8,760000円 9,000円 3,285,000円
22,000円 8,030,000円 8,000円 2,920,000円
20,000円 7,300,000円 7,000円 2,555,000円
18,000円 6,570,000円 6,000円 2,190,000円
16,000円 5,840,000円 5,000円 1,825,000円
14,000円 5,110,000円 4,000円 1,460,000円
12,000円 4,380,000円 3,500円 1,277,500円