労働保険事務組合 千葉SR経営労務センター

043-224-3779  9:00~17:00(土・日・祝日は除く)

千葉SR経営労務センターとは

 千葉SR経営労務センター(以下「千葉SR」という)は、平成元年に千葉県の開業社会保険労務士によって設立された中小企業の労働保険に関する事務処理を代行する労働保険事務組合です。厚生労働大臣の認可を受けた団体であり、業務については専門家(国家資格者)である社会保険労務士が担当いたします。

 

 

社会保険労務士とは

 社会保険労務士とは、労働・社会保険、人事・労務管理に関する専門家で、企業経営の三大要素(ヒト・モノ・カネ)のうち、ヒトの採用から退職までの労働・社会保険の諸問題に対応する国家資格者です。

 

 

 

任せて安心!!千葉SR

 労働保険の専門家である社会保険労務士が運営するから安心です。千葉SRに委託を希望される場合は、千葉SRに所属する社会保険労務士を通じてお申込み下さい。

 

 1. 千葉SRの会員である社会保険労務士に業務委託して頂きます。

 2. 社会保険労務士を通して、労働保険事務委託書等の所定の各種届出書を提出して下さい。

 3. 入会金、年会費及び労働保険料を納入して頂く事により、事務委託が成立いたします。

 ※事業主の方が直接千葉SRに事務委託することはできません。

 

 ※事務処理の委託を希望される中小事業主、一人親方様はこちらをクリック

                   

        社会保険労務士会員名簿

 

 

*** 新  着  情  報 ***

千葉県社労士会に所属されていない会員の皆様へ

 

千葉SR発第 8

 

令和元年521

 

千葉県社会保険労務士会に所属されていない会員の皆様

 

 

 

千葉SR経営労務センター

 

会 長 朝 日 出   

 

 

 

拝啓 薫風の候、会員の皆様におかれましてはますますご清栄のこととお喜び申し上げます。また今年度におきましては大型連休のため、年度更新も異例のスケジュールとなりましたが、ご協力賜りまして誠にありがとうございます。

 

 いよいよ今年度も当センターの総会の時期が近づいてまいりました。追って皆様には議案等の資料をお送りいたしますが、本総会におきましては皆様に関わる定款の改定を審議いたしますので、予めご案内いたします。

 

 詳細は議案をご覧いただくとしまして、今回の改定案が3分の2以上の多数を持ちまして承認されますと、以後千葉県社会保険労務士会に所属されていない皆様に関しましては下記のようになります。

 

 

 

 ①当センターへ委託されている中小事業主、一人親方がいらっしゃらない方は退会となります。今後千葉県社労士会でご登録されない限りは再入会もできません。

 

 ②現在当センターへの中小事業主、一人親方の委託をお持ちの方は当該委託先が継続されている間は会員資格が継続いたします。また、委託を受けている中小事業主において新たな保険関係が成立した場合の新規委託は当センターにてお受けいたしますが、新規の中小事業主、一人親方につきましては委託することができません。委託先が無くなりました場合は①と同様、退会となります。

 

 

 

 今回の改定案上程に至りました背景をご説明いたします。

 

 昨年度総会資料の事業報告、事業計画にも記載しておりますように、本案は約2年をかけて慎重に議論を重ねてきたものです。

 

 「SR経営労務センター」につきましては、全国社会保険労務士会連合会の指導の下、各都道府県に1団体を基本として昭和63年から設立が始まりました。当センターは平成元年に設立し、当初から入会資格を千葉県社労士会会員に限定することなく今日に至っておりますが、設立当時とは変わりまして、現在では3県を除く全国各地にSR経営労務センターが設立され、各地でそれぞれの社労士会と密接に連携しながら活動をしております。

 

 当センターにおきましても、千葉県社会保険労務士会と連携し、会員の異動情報などを把握することにより、本来入会資格のない非開業登録への変更や住所変更などに能動的に対応してトラブルの未然防止に努めておりますが、千葉県会以外の会員の皆様に関してはそのようなことができません。

 

 また、当センター(他SR経営労務センターも同様ですが)は社会保険労務士を会員とし、総会を最高意思決定機関、正副会長、理事を執行機関としていずれも会員社会保険労務士が主体的に運営することを基本事項としております。会員社会保険労務士はすべて開業社会保険労務士ですので、理事・監事等の役員をお引き受けいただいている会員は、自らの事務所経営、顧客対応等日々の基幹業務をこなしながら自分たちの団体としての当センター運営に関する諸業務に携わっております。しかしながら千葉県会以外でご登録の会員の方は、当センターにおける地区組織に属さないため、当初から役員に選出される可能性が無く、権利と負担との関係においてアンバランスが生じております。

 

 上記の地区組織に属さないことに関連しましてもう一点重要な問題があります。近年顕在化してきた問題ですが、社労士会員の方が病気や事故により業務遂行が困難になった場合です。委託事業主から事務が滞っているとの連絡があったり、社労士会員のご家族から本人がご病気である旨のご連絡をいただいたりしますと、当センターでは社労士会員が属する地区の地区長を中心として、安否確認やフォローする会員社労士の選任などにあたります。社労士会員が間に入っているとはいえ、あくまでも当センターとして委託事務を遂行していくことが委託事業主並びに国に対する責任でもありますため、この点は欠かせないセーフティーネットとなっております。しかし千葉県外の会員の方は所属する地区がありませんので、事故発生時のフォローをどうするかという問題は当センターの運営上見過ごせないリスクとなっている現状がございます。

 

 以上のような背景から今回の定款改定におきましては、当センターの会員資格を千葉県社会保険労務士会に登録している開業社会保険労務士に限定することといたします。ただし現在会員となっておられる皆様につきましては、特例会員といたしまして、新規委託のみ制限させていただきますが、定款改定施行時(総会開催日の翌日)前に委託されている中小事業主、一人親方の委託に関しましては従前と同じく委託事務を行っていただけます。

 

 なお、本件に関しまして当センター事務局への電話でのお問い合わせは年度更新事務処理に支障が生じますのでご遠慮いただきますようお願いいたします。

 

 皆様のますますのご繁栄を祈念申し上げます。

 

敬具

 

 

 

平成31年度の雇用保険料率について

平成30年度から変更ありません

労働保険の保険料の徴収等に関する法律施行規則の一部を改正する省令案

一括有期事業を行う事業主の事務手続を簡素化するために省令の一部を改正する案が厚生労働省より発表されました。

 

改正省令は平成31年4月1日に施行予定です。

 

※発表された内容の詳細は、会員専用タブに新たに追加した「法令改正等」を参照して下さい。

業務処理ルールの明確化、事務協力費支配基準要綱の改正について

 平成30年4月6日付文書で業務改善のために会員の皆様にお知らせする事項として上記

 の内容については送付済みですが、まだ書類を見ていない方のために、再度ホームページ

 で更なる周知を図るために「会員専用」サイトに掲載しました。

 ぜひご確認ください。

社労士会員向け FAQ(よくある質問)の掲載を開始しました

 事務局あてに、会員の皆様からよく寄せられるお問い合わせをまとめて「会員専用」

 サイトでの掲載を開始しました。参考事例としてご活用ください。

 このコーナーは逐次、内容を更新していきます。

 

  ※「会員専用」サイトをご覧になるにはパスワードの入力が必要です。おわかりにならない場合は、

   「問い合わせ」で送信してください。

 

重要:新規入会の受け入れについて

平成29年9月28日より、千葉県外の社会保険労務士の新規入会を停止させていただいておりますのでご了承ください。

 

社労士が千葉SRに入会する際のやり方が変わりました

千葉SRに未入会の社労士で、これから入会を希望する場合の面談のやり方が変わりました。

これまでの個別に行ってきた面談方式から、入会を希望する方全員を集めての説明会形式になります。

 

・開催日: 毎月25日(当日が土・日・祝日等の場合は、直前の平日)

・時 間: 10時30分から1時間程度

 

 ※内容は、これまでと同様に千葉SRの決まり事や心構え、事務処理のやり方などをお伝えします。

  詳細は「入会手続き」サイト内の「社会保険労務士が入会するとき」をご参照ください。