労働保険事務組合 千葉SR経営労務センター

043-224-3779  9:00~17:00(土・日・祝日は除く)

上記のタブの委託事由を選択して詳細をご覧ください。

*** 事業主が入会するための手続き ***

入会時の委託事由は、3種類に分類されます。

委託事由により提出していただく書類等が若干異なります。

あてはまる委託事由から必要な書類等をご確認のうえ、ご提出ください。

 

     1.新規成立

      2.他の労働保険事務組合より委託換え

      3.個別より移行

 

【ご注意】

 

1.委託事業所の地域的範囲 ※令和2年8月1日から変更

 千葉県、東京都、埼玉県、茨城県、神奈川県に主たる事業場が所在する事業の事業主

2.委託事業場の規模的範囲内(労働者数)

 金融・保険・不動産・小売業・・・  50人以下

 卸売業・サービス業    ・・・100人以下

 その他事業        ・・・300人以下

 ※臨時的、一時的に労働者が増加しても、常態として上記人数以下であれば、

  事務組合に労働保険事務を委託することができます。

 

 

千葉SR経営労務センターへの委託に際しては、初回の保険料の納付を確認した後での手続きとなります。

なるべく早いタイミングでの委託をご希望の場合は、必ず事務局にご相談ください。

※必ず社会保険労務士を通しての手続きとなります。会員名簿をご参照ください。

 

 

入会金・会費について

労働保険料以外に手数料として以下が必要です。

 

入会金¥10,000

月会費¥  1,500(1事業所で委託数が1件のとき)

月会費¥  2,000(1事業所で委託数が2件以上のとき)

 

3分割を希望される場合、月会費は分割が可能です。但し、入会金は分割できません。

委託開始時期により分割回数が2回もしくは1回となる場合があります。

 

*社会保険労務士会員との顧問契約料・スポット契約料は別となります。

特別加入保険料給付基礎日額について

中小事業主の保険料は「給付基礎日額」によって決まります。
下記の表の給付算定日額3,500円/日~25,000円/1日の中から選択していただくことになります。この選択した給付基礎日額に365を乗じることで「保険料算定基礎額」を算出します。
【給付基礎日額×365=保険料算定基礎額】
この保険料算定基礎額に保険料率を乗じることで「年間保険料」が決まります。
【保険料算定基礎額×保険料率=年間保険料】
年度の途中で加入した場合
労働保険年度(4月から翌年3月)の途中で加入した場合は「月割計算」となります。
下記の表の月数相当分の金額を保険料算定基礎額とします。
例 12月に加入した場合:日額10,000円とすると4か月(12月~3月)
  加入者1人の場合 1,216,668円           → 1,216千円(千円未満は切り捨て)

  加入者2人の場合 1,216,668円×2名=2,433,336円 → 2,433千円(千円未満は切り捨て) 

 

上記の表はダウンロードできます
特別加入保険料月割算定基礎額早見表.pdf
PDFファイル 95.7 KB